中年太り お腹 体幹トレーニング

中年太りに効くお腹や下腹の体幹トレーニングの方法

中年太りはポッコリお腹を代名詞にお腹周りや下腹に脂肪がつきやすくなります。
これを体幹トレーニングを行なって解消していきます。

 

体幹トレーニングでお腹の前面の筋肉や体の深層部にある筋肉をトレーニングすることで、脂肪が燃焼しやすい体を手にいれることができるのです。

 

それではお腹周りの筋肉を鍛える体幹トレーニングの方法をご紹介していきます。

 

ドローイン

腹式呼吸をしながらお腹をへこませる運動です。お腹の前面の腹直筋やくびれをつくる腹横筋などを鍛えます。

  1. 両膝を立てて仰向けに寝転びます。手はお腹の上にのせてください。
  2. 鼻からゆっくり息を吸いながら5秒間かけてお腹を膨らませます。
  3. 口をつぼめてフーーッと息を吐きながら5秒間かけてお腹をへこませていきます。お腹の空気を全部抜ききるイメージです。

この動作を5回繰り返します。

 

クロスクランチ

  1. 仰向けになって肩ヒザを立て、逆側の手を頭に添えます。空いている手足は床に延ばしておきます。
  2. 上半身と起こすのと同時に曲げている方のヒザを体に引きつけて、肘とヒザをお腹の上でくっつけます。このときに骨盤が床から浮かないように注意しましょう。
  3. 息を吐きながら3秒間かけて持ち上げて、息を吸いながら3秒間かけて戻します。

これを左右5回ずつ行ないます。

スポンサード リンク

page top