中年太り 下半身 体幹トレーニング

中年太りや下半身太りに効く体幹トレーニングの方法

中年太りといえば下半身の贅肉が気になりますよね。

 

脂肪を燃焼させるにはウォーキングなどの有酸素運動を行なうのが基本になりますが、ひとつ覚えておいていただきたいのが筋肉の量が多い人ほど有酸素運動をしたときの脂肪の燃焼率は高くなるということです。

 

ですので、体幹トレーニングで体の深層部にあるインナーマッスルを中心に鍛えることで、見た目を大きくすることなく筋肉量を増やして痩せやすい体を作ることができるのです。

 

バックブリッジ

  1. 仰向けになり、ヒザを軽く曲げて立てます。手は体の横に自然に置きましょう。
  2. この体勢からゆっくりと腰を持ち上げていきます。肩からヒザまでが一直線になるようにしてください。
  3. 3秒間かけて持ち上げて、3秒間かけて戻します。

この上下運動を5回行ないます。

 

アームレッグクロスレイズ

  1. 両手と両足を床について四つんばいの体勢になります。
  2. 対角線にある片手と片足をすばやく同時に伸ばします。手は前方に伸ばし手の平は内側を向けてください。足は後方へ伸ばし足首を曲げてつま先を下に向けます。骨盤を地面と平行にして、指先、お尻、かかとがまっすぐになるように意識してください。

3秒間キープを左右10回ずつ行います。

 

ここで挙げた体幹トレーニングの方法はヒップアップの効果もあるので、ぜひ実践してみてください。

スポンサード リンク

page top