中年太り 顔 太り 解消

中年太りの顔太りについて

中年になると体だけじゃなく顔も大きくなったように感じませんか?
若いころは8頭身だった昭和のスターたちも今では6〜6.5等身くらいになっていることが多いような気がします。

 

年をとると顔が大きくなるのは中年太りや皮膚のたるみが原因です。
中年太りとは、年をとり代謝が落ちて太りやすくなることをいいます。これに運動量の低下が加わってどんどん太っていくのです。

 

食事の量などで中年太りを対策する方法もありますが、その方法だと顔はあまり痩せません。ですのでかえって顔が大きく見えたりします。

 

また、顔の皮膚が垂れ下がりアゴのラインがぼやけてしまうので、顔と首が一体化したように見えてしまいます。これも顔が太って見える原因のひとつです。

 

中年女性の顔太り解消方法

中年女性に限らず、顔太りを解消するには運動をすることが最も効果的です。毎日10分でもいいので体を動かすことで顔が引き締まってきます。

 

あとはショウガや唐辛子など血行を促進する効果のある食品を摂ることも脂肪燃焼に効果があります。それからフェイスマッサージも血行が良くなるので顔やせに効果的です。

 

また、歯を食いしばるクセのある人はアゴの筋肉が発達しています。エラ周辺の筋肉を手でほぐして柔らかくしてあげましょう。

 

逆に筋肉がゆるんでいる人は顔全体の筋肉をよく使うようにすると皮膚のたるみが解消されます。顔の筋肉を意識して「あ・う・お」とゆっくり発音してみてください。あとはアゴを上にゆっくり突き出してみてください。真上だけじゃなく左上や右上に突き出すことでアゴにラインを取り戻せます。

スポンサード リンク

page top