中年太り 痩せない 骨盤

中年太りが痩せないのは骨盤が原因!?

中年太りを解消しようと頑張ってダイエットをしても、なかなか痩せないので心が折れかけている人もいると思います。
その中で下半身の脂肪がとくに気になるという人は、もしかしたら骨盤の歪みが原因かもしれません。

 

骨盤とは上半身と太ももをつなげる腰やお尻の部分にある骨の総称です。
骨盤は日常生活の些細な姿勢の悪さの積み重ねで徐々に歪んできます。
例えば足を組んで椅子に座ったり、横に足を寄せて床に座ったりなどは骨盤に負担をかけます。他にもハイヒールで歩くことなども骨盤を前後に傾けてしまう要因になるのです。

 

骨盤が歪むと中に空間ができてしまい、その空間に内臓が下がってきてしまいます。
その結果、内臓がもともとあった場所に脂肪がついてお腹がポッコリしてしまうのです。
さらに内臓機能が低下して太りやすい体質になります。血行不良にもなるので代謝が落ち、脚が太くなったりむくみやすくなります。

 

骨盤が歪んでいると、これだけの太る要素があるわけですから、いくら中年太りを解消しようと頑張っても報われません。
ですので、まずは骨盤の歪みを解消するのが先決です。

 

骨盤の歪みをチェック!

骨盤の歪みを簡単にチェックする方法をご紹介します。
鏡の前で足を伸ばして床に座ってください。足の裏を鏡に向けるようにします。
左右のかかと同士をくっつけて足の力を抜いてみてください。つま先が左右に開くと思います。
このときに足がきれいに「Vの字」になっていれば骨盤は正常です。どちらかのつま先が傾き過ぎている場合は骨盤が歪んでいると考えられます。

 

骨盤のゆがみを解消する方法

骨盤の歪みを解消する方法を2つかご紹介します。

 

足を肩幅に開いてまっすぐに立ちます。
両手を腰にあてて、腰で円を描くようにグルグル回していきましょう。
右回りで20回、左回りで20回行なってください。

 

もう1つは腰を横に突き出すストレッチです。
腰回しをしたときを同じように立った体勢から、腰を右側に押し出してください。腰の骨を真横に出す感じです。
このまま5秒間キープして左側も同じように行います。

スポンサード リンク

page top