中年太り ぽっこりお腹 解消

中年太りのぽっこりお腹を解消する方法

中年太りで悩んでいるほとんどの人が最も気になる部分はやはりお腹まわりだと思います。

 

ぽっこりお腹をスッキリと解消するのに最も効果的なのは、やはり運動で汗を流すことです。それと腹筋で筋肉をつけること。あと、痩せるまでの間は食事制限をして、摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにしないといけません。

 

具体的な方法をご紹介します。
ぽっこりお腹を解消する方法は主に、ジョギング・腹筋・リンパマッサージ・食事制限の4種類です。

 

ジョギング

痩せるためには走って汗を流すのが一番です。
Tシャツが汗でびっしょりになるくらい走るのが理想です。
最初はあまり汗をかかないかもしれませんが、毎日続けていくうちに汗をかきやすい体に変化していきます。
目安は40分以上。週に5日は走るようにしましょう。

 

腹筋

正面の腹筋を10回2セット。
左右のにひねりを加えた腹筋を左右5回2セットずつ。
足上げ腹筋を10回5セット。

 

正面の腹筋は、仰向けに寝て、両ひざを曲げます。手は体の横に自然に置いてください。
この体勢から息を吐きながら状態を起こします。体を全部持ち上げずに肩甲骨が床から離れるくらいでOKです。

 

左右にひねる腹筋は、仰向けになり、右手を真横にまっすぐ伸ばして床に置きます。左手は頭の後ろに当ててください。
右足は膝を曲げて立てます。左足はまっすぐ伸ばしておきます。
この状態から体をひねりながら腹筋をしていきます。
上体を起こすのと同時に右足を膝を曲げたまま持ち上げて、左肘と右膝をおへその上らへんでくっつけます。
くっつけたら元の体勢に戻って、同じ動きを5回繰り返してください。
これを2セットやったら、逆側も同じように行ないます。

 

足上げ腹筋のやり方をお伝えします。
仰向けになり体の横に腕を置いて、両ひざを曲げて立てます。
肘を曲げて上体を少し起こしてください。上半身は後ろに傾いた状態で、肩の真下に肘をついて体を支えます。
両足を持ち上げます。太ももの付け根とひざが90度になるようにしてください。
この体勢のままひざを胸に引き寄せます。
このときに骨盤を床にしっかりと押し付けるようにして腹筋を固めてください。
引き寄せた脚を戻して、同じように10回繰り返します。
10回終わったら脚を床に下ろしてください。これを5セット繰り返します。

 

リンパマッサージ

お腹のリンパマッサージを行ないましょう。
おへその右横に両手を重ねて置きます。
そこから時計回りに大きくお腹の上で円を描くようにさすってください。
5回さすったら、おへそに手を当てて5回下腹へ向かって流していきます。

 

食事制限

運動をしているからといって食事をたくさん食べてしまったら、努力が無駄になってしまいます。
ですので、食べ過ぎには注意しましょう。
ダイエット中の成人女性の摂取カロリーは1日1600kcalです。
これを目安に食事のメニューを考えるようにしてみてください。

 

 

一度お腹をスッキリへこませることができれば、それをキープするのは難しくはありません。頑張りましょう!

スポンサード リンク

page top