中年太り 二の腕 細くする方法

二の腕の中年太りを細くする方法について

中年太りになるとお腹まわりに他の二の腕の太さも気になってくると思います。
二の腕が太く見えるのは、脂肪のつき過ぎや皮膚のたるみなどが主な原因です。

 

これらを解消するにはエクササイズを行なって筋肉を活性化させる必要があります。
また、むくみなどを発生させないためにストレッチやマッサージも行なうようにしましょう。

 

二の腕を細くする方法をご紹介する前に、まずは二の腕の筋肉についてお伝えします。
二の腕の筋肉は「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」の2つに筋肉で構成されています。

 

上腕二頭筋というのは、俗に言う“力こぶ”の部分です。
ひじを曲げたりする動作のときに使います。
スーパーの買い物などでビニール袋を腕にかけるときなどは、この上腕二頭筋を使っています。

 

そして、もう1つの上腕三頭筋というのは、二の腕の後ろ側や内側部分のことです。
この筋肉は、ひじを伸ばしたり、物を押したりするときに使います。
一般的に「二の腕が太い」と感じるのはこの部分のことです。
上腕三頭筋は、上腕二頭筋に比べて日常生活であまり使われないので筋肉が衰えてしまい脂肪がつき太くなってしまうのです。
また、脂肪がつくと落ちにくくたるみやすい場所なのでエクササイズやマッサージを行なってケアしていきましょう。

 

二の腕を引き締めるエクササイズ

二の腕(上腕三頭筋)のエクササイズでおすすめなのは腕立て伏せです。
ただし、ここでご紹介するのは両ひざを床についた状態で行なう方法です。
ひざをついて行なうことであまり負荷がかからず気軽にできるのがポイントです。
やり方は、床に四つん這いになり、手は肩幅よりも少し広めに置きます。
この体勢からひじを曲げていき、顔が床につくくらいまで上体状態を下げていきます。
下げきったら体を元の位置まで持ち上げてください。
腕を曲げるときに息を吸い、腕を伸ばすときに息を吐きます。
バストアップにも効果があるのでおすすめの方法です。
10回、2セットを目標に行なってみてください。

 

二の腕のストレッチ

両腕を頭の後ろへ回して肘を曲げます。
右手で左肘をつかんで、ゆっくりと右へ引きます。そのまま30秒キープします。
終わったら逆側も行ないましょう。

 

二の腕のリンパマッサージ

二の腕のリンパマッサージはわきの下へ向かって流していきます。
まずは鎖骨にあるリンパ節と脇の下にあるリンパ節をそれぞ揉みほぐします。
次に肘からわきの下へ向かってリンパを流していきます。
表側と裏側の両面をしっかり流してください。

スポンサード リンク

page top