中年太り ミトコンドリア L-カルニチン

中年太りとミトコンドリアの関係

人間の細胞内にはミトコンドリアという細胞小器官があります。
ミトコンドリアには主に糖や脂肪からエネルギーを作り出す働きがあり、代謝効率に深く関係しています。脂肪を燃やす役割があることから「脂肪の焼却炉」と呼ばれるほどです。

 

脂肪が燃えるメカニズム

脂肪が燃焼されるためには、細胞内にあるミトコンドリアまで脂肪が到達する必要があります。
脂肪は酵素によって分解され脂肪酸となり、血液中を通って全身の細胞へ運ばれていきます。
ですが細胞内に入った脂肪酸は単独ではミトコンドリア内に入ることができません。

 

脂肪酸をミトコンドリアに運ぶには、L-カルニチンというビタミン物質が必要なのです。
L-カルニチンはアミノ酸の一種で肝臓で少量作られますが、加齢とともに減少していくため年をとると不足がちになります。
その結果、脂肪酸がミトコンドリアまで運ばれにくくなり、脂肪が燃えにくくなってしまうのです。
このようにL-カルニチンの減少も中年太りの原因のひとつとされています。

 

L-カルニチンをサプリで補給

L-カルニチンはサプリメントで手軽に補給することができます。
L-カルニチンを補給すると脂肪の代謝効率がアップするので中年太り解消に効果的です。
また、運動の前などに飲むとダイエット効果をより実感できるでしょう。

 

女性の中年太りに効果的なサプリについては、次のページでもう少し詳しくお伝えします。

中年太りに効果があるサプリメントについて

スポンサード リンク

page top