中年太り ヒップ

ヒップアップで中年太りを解消しよう!

中年太りは下半身を中心に脂肪がつくのが特徴です。
もちろんお尻も例外ではありません。
お尻は脂肪がつくだけじゃなく運動不足による筋肉の衰えで、どんどん下へ垂れ下がってくるのでとくに危険な部位です。

 

ですが、正しいエクササイズを行なえば、お尻は意外とすぐにヒップアップ効果が現れる部分でもあります。筋トレを行なうことで、お尻のトップをキュッと上に持ち上げてお尻全体を引き締めることができるのです。

 

また、筋肉が活性化し代謝もアップしますので、中年太りの解消につながります

 

それでは、自宅で行なえる簡単ヒップアップ・エクササイズを以下でご紹介いたします。

 

中年太りに効くヒップアップ・エクササイズの方法

お尻の筋肉は複数の筋肉が何層にも重なり合って構成されています。
効果的にヒップアップを行なうためには、インナーマッスルと呼ばれる深層部分にある筋肉から、体の表面にあるアウターマッスルに向かって順番にエクササイズしていくことが大切です。

 

ここでご紹介するヒップアップ・エクササイズは3段階で行ないます。

ステップ1

お尻の骨に最も近いインナーマッスルをエクササイズします。

  1. 横向きに寝そべった状態で、両足を揃えて膝を軽く曲げます。このときに頭とお尻と足首の位置が一直線になるようにしてください。手は頭の下に敷いておきましょう。
  2. 両足のかかとをくっつけたまま、上側のヒザを3秒間かけて上に持ち上げていきます。このときに肩が一緒に開かないようにしてください。
  3. 3秒かけてヒザを元の位置に戻します。

この運動を10回2セット行ない、終わったら逆側も同じように行ないます。

 

ステップ2

次はお尻の中層部分にある筋肉を鍛えます。

  1. ステップ1と同じように横向きに寝そべります。下の脚は「く」の字にヒザを曲げたまま、上側の脚だけヒザを伸ばして脚をまっすぐにしてください。
  2. 3秒かけて上側の足を真上に持ち上げます。このときに肩が開かないように気をつけてください。
  3. 3秒かけて足を元の位置に下ろします。

10回2セットを左右の足で行ないます。

 

ステップ3

お尻の表面にある筋肉のエクササイズです。

  1. 四つん這いになり、片方の足を真後ろへまっすぐに伸ばし、つま先を床につけます。
  2. 後ろに伸ばした方の足を3秒かけてゆくりと上に持ち上げます。背筋を伸ばしたまま、できるだけ高く持ち上げるようにしてください。
  3. 3秒かけて足を下におろします。

10回2セットを左右の足で行なってください。

 

 

以上の3ステップを続けて行ないます。
1週間に3回を目標に行なってみてください。

スポンサード リンク

page top