中年太り お腹 周り 下腹 ダイエット

お腹周りや下腹に効くダイエット方法とは?

中年太りといえばポッコリとした下腹ははじめお腹周りがとくに気になりますよね。
このページではお腹周りに効くダイエット方法をご紹介しますので、「40代になったらクビレが消えた!?」という方も決して諦めないでください。

 

お腹の脂肪を落とすには、お腹の筋肉量を増やして脂肪を燃えやすくする必要があります。その方法というのはズバリ腹筋です。

 

慣れるまでは辛いかもしれませんが、腹筋がついてくればお腹の脂肪が燃えやすくなりポッコリお腹に悩まされることもなくなります。一度筋肉がついてしまえば維持するのはそれほど大変ではないのです。ぜひ腹筋を習慣にしてみてください。

 

腹筋で中年太りを解消!

ここでご紹介するのは横手式腹筋という方法です。

 

方法としては、まず腹直筋と呼ばれるお腹の前面にある筋肉を鍛えることから始めます。お腹の脂肪が減ってきたらお腹の横にある腹斜筋や腹横筋を鍛えてクビレをつくります。

 

お腹の前面を鍛える方法
  1. 仰向けになり両ひざを持ち上げて90度に保ちます。両手は頭の後ろにあてます。
  2. 息を吐きながら上体を起こします。
  3. 息を吐きながら元の体勢に戻ります。

20回を2セット行ないます。

 

お腹の横側を鍛える方法
  1. つま先立ちでしゃがんでください。
  2. 両手を体の横に置いて上体を真横に倒し、片足を伸ばします。
  3. この体勢のまま伸ばした方の足を上下に動かします。

左右10回ずつを2セット行ないます。

 

1ヶ月も続けるとクビレてくるので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサード リンク

page top